エイジングケアにはクレンジングも大切

クレンジングはメイクを洗い流すという印象がありますが、クレンジングの選び方で肌の老化を招いたり、肌トラブルにつながることになりますが、エイジングケアが期待できる使い方もあります。

クレンジングのエイジングケアはこちらのサイトで情報公開中です。

クレンジングには様々なタイプがありますが、洗浄力の強さや刺激、落としきれないメイクの汚れなどで肌に負担をかけることで、肌荒れや乾燥肌を引き起こします。


これを続けているとシミやしわなどのエイジングサインをもたらすことにもなり、気になるとエイジングケアの化粧水などを使ってケアしようと考えます。



エイジングケアのスキンケアなどの見直しも良いことですが、メイクの汚れなどがしっかりと落ちていない状態でエイジング用のスキンケアをしても成分の効果がほとんど得られないという場合も考えらます。

エイジングケアを考える場合には、スキンケアの前にクレンジングを見直すことが大切で、メイクや皮脂汚れなどをしっかりと洗い流すことで、そのあとのスキンケアでつける化粧水や美容液などの浸透を高め、肌のターンオーバーを整えることもできるため、肌トラブルのない健やかなな肌を保つことができます。ナチュラルメイクなど薄い化粧をしている人は、洗顔料でメイクを洗い流すこともありますが、洗顔は誇りや古い皮脂や角質層などの汚れを落とすことはできますが、メイクに含まれている油汚れなどを洗顔料では落ちません。


ファンデーションを薄く塗るという場合であっても、洗顔料ではなくクレンジング剤を使うことがエイジングケアにもつながります。