水槽で散気管を使用する場合に知っておくべき注意点

水槽で魚類を飼育する人は多く、熱帯魚などは観賞用としても人気があります。また犬や猫の場合はアレルギーなどによって飼育が難しい人であっても、水槽であればペットからのアレルギーなどを気にせず魚を飼育する事が可能です。そのため様々な理由から水槽での飼育を楽しむ人は多くいますが、その際に欠かせないアイテムの1つとなるのが散気管です。散気管は管から酸素を排出する事ができるので、水中内の酸素を一定に保つ効果が得られます。

また水流を作ったり水温調整効果など、多くのメリットがあり活用する人は多いです。ただし散気管を利用する上で、注意点もしっかり把握しておくことは重要になります。散気管を使用するためにはエアレーションやエアーストーンとして活用する事になりますが、空気を排出するためにポンプを使用する事になります。エアポンプ自体は種類も豊富にあり、排出する空気の量を調整したいりタイマー機能が付いているタイプなどもあり便利です。

ただしポンプを稼働することで必ず稼働音が発生するので、商品によってはポンプの音が大きく気になるという場合も出てきます。また空気を排出する事で水面に気泡がでますが、その際に水はねが起こるという点も把握しておくべきポイントです。排出する酸素の量が多い場合は気泡も大きくなり、水面ではじける際に大きな水はねが起こることもあります。そのため水槽周りが水で濡れてしまうという事、十分想定しておくべき注意点の1つです。

散気管のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*