散気管を用いた水の浄化方法について

日本では水道水をそのまま飲むことができます。日本ではこのようなことは当たり前のことなのですが、世界の中では極めて稀なことなのです。世界の各国において水道の水がそのまま飲めるということはほとんどありません。このようなことから、ミネラルウォーターや炭酸飲料などが発達してきた訳です。

日本において、水道水がなぜそのまま飲めるかという理由として水質浄化技術が高いということがあります。水道水を作る過程としてはいくつかの段階があります。まず湖や川などから持ってきた水の中の固形物を取り除くという作業を行います。そのためにさまざまな方法でフィルターを作り、それによって固形物を濾し取るという方法がとられるわけです。

その後に行なわれるのが有機物の除去です。有機物除去には、通常微生物を使った方法が用いられます。この方法を用いることにより、大きなエネルギーを使うことなく水質を浄化させることができます。そのような際に重要なのが水中の酸素濃度です。

大量の水を取り扱う場合には、水面付近では酸素を十分に供給されますが容器の底の部分には酸素があまり供給されないことになりますので、嫌気性細菌が優勢とななり有機物質はメタンやアンモニアなどまでにしか分解されず、悪臭がしたり有害なものとなってしまいます。この用の事情から水中酸素濃度を上げるために散気管が用いられます。散気管はパイプなどの側面などに小さな穴を開けたものです。これを大きな容器の底に置きパイプへ空気を通すことによって、散気管の穴から空気の泡を出させて水中の酸素濃度を上げます。

この事により水中の酸素濃度が上がり、好気性細菌が活発となり有機物質は二酸化炭素と水に完全に分解されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*