散気管を用いた浄化方法について

私たち人間は水なしには生きていくことができません。水がなければ1週間も生きることはできません。したがって、綺麗な水を体内に取り込むということは大変大切なことです。では、清浄な水をどのようにして手に入れることができるでしょうか。

日本の多くの人がまず思いつくのが水道の店だと思います。日本においては水道技術が大変高く、水道水がそのまま飲めます。このようなことは世界の他のところではほとんどないことです。諸外国ではほとんどの場合には水分を取る場合には、ミネラルウォーターなどを飲んだり、炭酸水を飲むようなことが行われるわけです。

ただ、水の大本はどちらもほとんど変わらないはずです。湖や川などの水を取ってきて浄化するということが行われます。水の浄化方法についてはいくつかの段階があります。まず行われるのは水の中の固形物を除去するということです。

そのためには様々な方法でフィルターを作り、それによって固形物を濾し取るという方法が用いられます。その後に行われるのが有機物の除去です。有機物の除去の際には微生物を使った方法というのが最も一般的です。この微生物による有機物除去の際に注意しなければならないのが水中の酸素濃度です。

清浄な水を得るためには酸素濃度を高くしなければなりません。その様な事の目的で用いられるのが散気管です。散気管はパイプなどの側面などに小さな穴を開け、パイプを通って出てきた空気を側面から泡として出し、水中の酸素濃度を上げようというものです。構造としては比較的簡単な散気管なのですが、その割合役割は大変大きなものがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*