散気管の利用と役割について

私達が健康な生活を買うためには水は必須のものです。水なしには私達の生活はありません。このようなことから都市におけるインフラの最も基盤的なものとして水道が挙げられます。水道が通るということがある意味で文化的な生活が送る事が可能になるということの証にもなるわけです。

このようなインフラだ十分でない場合には、伝染病などが起きるということになります。実際に、昔の日本では井戸水などしかなく伝染病などがよくおきていたということは知られています。現在の開発途上国においても、水道設備が十分でないために様々な病気が生じているということも知られています。一口に水の浄化と言っても様々な側面を持ちます。

まず思いつくのは、公害問題なのでよく知られている有害重金属などが水に溶け込んでいて、それを取り除かなければならないという場合です。このような際には水中の重金属イオンを吸着剤などで取り除くという方法がよく用いられます。基本的には化学的な方法を使った除去というのが主になる訳です。それに対して有機物除去については全く異なったアプローチをする必要があります。

多くの場合には微生物を使った分解というものが行われます。微生物の中には、好気性の条件において有機物質を二酸化炭素と水にまで分解してくれるという働きを持つものがあるからです。ただし、そのためには水中の酸素濃度を上げる必要があります。その為際に用いられるのが散気管です。

散気管を用いることによって水中の酸素濃度を上げ有機物質は二酸化炭素と水にまで分解します。このように散気管は水質浄化において重要な役割を持っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*