散気管で工業廃水が浄化する

散気管を用いることで、工業廃水を浄化することが可能となります。長きに亘って工場を運営する上では、環境基準に抵触しないことが大切となるものです。日々の業務で生じる工業廃水を、そのまま河川敷に放流していては、法的な問題が生じるだけではなく、近隣住民からのクレームを受けることにも繋がります。散気管を活用することで、日々の業務を円滑に進めることが可能となるのです。

工場からの廃水のなかに、高濃度の酸素が含まれていると、悪臭の原因になる硫化水素を過剰に発生させることへ繋がります。散気管を介して排水を行うことにより、水中の微生物の活動を鈍化させることのない、適切な酸素濃度へと改善できるのです。排水のなかに、過度に酸素が含まれる状態は、川目に気泡を生じさせることへも繋がっていきます。余分な酸素を取り除いて排水を放出することは、河川敷の情景を維持することへも繋がっていくのです。

工場によっては、旧型の浄化設備であるディフューザーを備えているところもあります。従来型の浄化設備であるディフューザーは、使用にあたって多くの電力消費を伴います。散気管を利用することは、高い浄化作用を得られるだけではなく、省エネを実現することへも繋がるのです。廃水のなかには、酸素だけではなく、脂分が多量に含まれる場合もあります。

多量の脂分を抱えたまま放流してしまうと、川底に汚泥が蓄積されることへと繋がるものです。散気管を介した放流を行えば、微生物が捕食できるサイズに、水中の脂分を分解できるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*