散気管の構造と役割について

私たちが生活を送る上において、廃棄物というのは多く出てきます。そのひとつの形態として、生活の中で用いた水が排水となって出ていくというものがあります。排水には洗濯での洗い水や生海が混じったようなものなどというものもある訳です。このような生活、排水をそのままにしておくと、腐敗が進み、細菌などが発生して伝染病の元となったりしますので、下水などを報道して浄化するというようなことが行われます。

このような生活排水浄化を行う方法としては、通常、微生物を使った捕食分解が用いられます。微生物によって有機物を二酸化炭素と水にまで分解してしまうというものです。ただ、このような生活排水を二酸化炭素と水にまで分解するためには条件があります。それは微生物の中でも好気性細菌が活発となるような条件を作らなければならないということです。

好気性細菌が活発となる条件というのは、酸素濃度が高い状態です。もし酸素濃度が低い状態となってしまうと嫌気性細菌が優勢となり、有機物質はメタンやアンモニアとなってしまい腐敗臭を放つ有毒物質となってしまいます。このように生活排水浄化のためには酸素濃度を高くする必要がある訳ですが、そのような際に用いられるのは散気管です。散気管はパイプ状の物の側面に小さな穴が開けられた構造になったおり、パイプに空気を通すことによって側面から泡を出します。

散気管を生活排水の底に置いておき、下から気泡を供給することによって水中酸素濃度を高め好気性細菌を活発にし有機物質を二酸化炭素と水にまで分解します。散気管は生活排水浄化のために大切な役割を持っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*