散気管の水質浄化における役割

私たちが生活を送る上で、排水を出すということは避けられません。その多くはたくさんの有機物を含んでいます。このような生活排水をそのままにしておくと腐敗してしまいます。腐敗した生活排水の中には、さまざまな有害物質が発生してしまい伝染病などを引き起こすことはよく知られていることです。

したがってこのような生活排水の浄化というのは大切なこととなります。日本の多くの都市においては、生活排水は下水として浄水場へ導かれます。浄水場で浄化を行い環境中へと放流されることになります。浄水場における処理というものには二つの種類があります。

1つは排水中の有害無機物を取り除くということです。これは吸着剤などを使って行う、あるいは沈殿などにして除去するという方法がとられます。また生活排水中の有機物質の除去方法としては、活性汚泥を用いた微生物による処理が行われます。その際に整えておく条件として、水中酸素濃度を高めることがあります。

酸素濃度が低い状況になってしまうと腐敗が進んでしまうからです。酸素濃度を高くすることによって、水中の好気性細菌が活発となり有機物質は二酸化炭素と水にまで分解され水質浄化が行われます。この酸素濃度を高めるために用いられるのが散気管です。散気管は、排水中に酸素の泡を送り込み、水中酸素濃度を高めて好気性細菌を活発にするという役割を持っています。

この様に散気管は生活排水の浄化において大切な役割を持っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*