散気管とどの様な時に使われるのか

排水浄化の際によく用いられる器具として散気管があります。散気管の構造はいくつかのタイプがありますが、最もポピュラーなものは、パイプ状の物の側面に小さな穴をたくさんあけた構造になっています。このパイプに空気を送り込むことにより、側面から小さな泡をたくさん出させ水中に気泡を送り込むという機能を持っています。基本的には、このように液中などに泡を供給するというのがその機能です。

このような機能を有効活用することで、水質浄化などが行われるわけです。散気管の最もシンプルな利用法のとして、水中の油分の除去というものがあります。気泡は気体と液体の境界面にできるものです。このような構造上の特徴から気泡は疎水性の性質を持つと見なすことができます。

なぜならば気泡の中には液体が入らないからです。その様な性質から気泡表面には油分が吸着できるということになります。水の中に微小な油分が入っているような際には、水中に気泡を供給することにより水中の油分を気泡に吸着させ、上昇してきた気泡を取り出すことから効果的に水中の油分を取り除くということが可能になります。大変シンプルな利用法なのですが、このようなことによって水質浄化が有効に行えるということはよく知られています。

このことに加え、散気管は微生物による有害有機物の分解除去の際にもよく用いられます。この様に、散気管は排水中の有機有害物質の除去の際には大変重要な役割を持っています。散気管のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*