スクラバーを用いた画期的な産業機器

新聞やニュース等で、脱炭素社会という言葉を見聞きされたことはありませんか。今の地球は深刻な温暖化現象を発生させる状態となっており、このままの状態が続けば20年後には北極のすべての氷が溶けてしまうと予想されています。そうなると海抜20メートル以下の土地はすべて浸水してしまい、日本列島も海の底に沈んでしまいます。この問題を阻止するために、2000年に京都で開催されたG7で先進国は2030年までに温室効果ガスをゼロにする、という指針を発表するに至りました。

これが京都議定書というもので、脱炭素社会の基盤となっています。企業等には再生可能エネルギーを発生させる機器を導入するうえで、政府では補助金を支給しているほどです。その機器のなかでも「熱交換器」は高い電力を生み出せることから、さまざまな産業現場で導入されました。この熱交換器の仕組みを簡単に説明すると、スクラバーという熱交換伝導装置を駆動させることで、内部に備わっているタービンを回転させられます。

タービンは回転すれば電気を生み出すため、各施設で不要な熱を用いた再生可能エネルギーを効率良く手に入れられるわけです。スクラバーには温度計センサーが内蔵されていて、常に地熱の管理もおこなうことが可能です。100度以上の高温と取り込むと精密機器が破損する恐れがありますが、スクラバーはそれを自動で管理できるので手間を掛けずに、必要な電力を供給し続けられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*